関節リウマチはリハビリで完治は望めない

リハビリが効果的な理由とは

関節リウマチはリハビリで完治する病気ではありません。

しかし治療には薬物治療を行っても進行具合を食い止めるのに精一杯で完治するのは難しい病気です。

そのため少しでも身体機能の低下を防ぐために薬物治療と併用してリハビリを行う必要があるのです。

もちろん関節が炎症し痛みを伴うわけですからリハビリの内容も限られています。

そのため運動不足にならないようし、そして炎症を悪化させないようにリハビリのメニューを作ってもらう必要があります。

決して無理はせず、しかし放置して身体が動かせなくならないようにリハビリをしていきましょう。

siteinfo3

リハビリ内容メニューは限りがある

歩くだけで激痛が走る、そんな状態ではリハビリのメニューにも限りがあります。

そんな中でお勧めしないリハビリは水中ウォークです。

陸上で歩いて痛みを感じても水の中なら重力が感じないため関節への負担がかかりません。

それに水泳は全身運動ですから、全身の関節を動かすのにも適していて、そして炎症は温めると悪化してしまうので水の中なら冷やすため水中ウォークなら無理なくリハビリを行う事が出来るというわけです。