リハビリの関節リウマチ効果が期待出来る運動など

運動療法で下半身の運動

関節リウマチではひざの関節が炎症になると立ち上がるだけで激痛が走り上半身を動かす事が出来ても下半身は動かす事が出来ないという人も少なくありません。

しかし痛いからといって全く動かさないのでは下半身の筋力は体かする一方です。

そのため無理のない範囲で座りながら出来る下半身の運動を紹介したいと思います。

まず椅子に座って足先を上下左右に動かしましょう。

そしてヒザを動かす時は立ち上げるのではなくベッドの上で仰向けになり、ひざを曲げて腰を浮かす体勢をとりましょう。

siteinfo9

作業療法のリハビリ内容

リハビリには運動療法、物理療法、作業療法、装具療法などがあります。

作業療法とは手芸をする、絵を描く、パソコンをするなど作業する事で手を動かしリハビリ効果がある方法です。

関節リウマチになるとそれまで出来ていた事が出来なくなり、常に痛みをもたらすので気分的に滅入る事も多いのです。

しかしそんな状況だからこそ、新しく趣味を持って今出来る事を楽しむという事が精神的なリハビリにもつながります。

装具療法とは装具を身に着ける事でリハビリの効果が期待出来る方法です。

そして同時に患部への負担が減るので痛みの改善や症状悪化の予防にもなります。