どうして関節リウマチが発症するかは原因不明

リウマチという言葉からお年寄りがかかる病気だと思われがちですが、関節リウマチは40代の働き盛りの人に発病する確率が高い病気です。

男性よりも女性患者の方が多く存在し、日本でも100万人以上の患者がいる病気なので決して珍しい病気ではありません。

ただ発病すると日常生活が困難になってしまうため、あまり関節リウマチの人と出会う機会はないかもしれません。

関節リウマチの発病の原因は不明

関節リウマチが発病する原因は現在のところ不明です。

免疫系異常なので遺伝子やウィルス感染で発病するのでは?とも考えられていますし、ストレスも関与しているのでは?
そもそも原因は1つではなく複数の要因が複雑に合わさって発病に至るのでは・・・・などと考えられています。

siteinfo4

関節リウマチの病気のメカニズム

関節リウマチの病気の原因は変わっていませんが、病気のメカニズムは解明されています。

関節リウマチは関節の内側の軟骨を保護している滑膜で免疫異常が発生し炎症になってしまいます。

そのまま腫れて痛みを伴う事になります。

またリンパ球が滑膜で抗原や抗体複合体を作りタンパク質を攻撃します。

この攻撃が原因で炎症を起こし、炎症がさらい悪化すると軟骨が破壊され、関節リウマチ患者は日常生活が困難な状態になってしまうというわけです。

そのため関節リウマチは軟骨が破壊される前、少なくとも炎症の時点での治療が望ましいとされています。

初期治療ではないと薬物治療の効果があまりなくなってしまうからです。

関節リウマチ初期症状としては関節の痛みや微熱などの症状です。

あまり初期症状すぎると病院でも関節リウマチと診断出来ない場合がありますが、とにかく身体の異変を感じた時はどんな病気にしろ早期発見早期治療に越した事はありません。