抗リウマチ薬

抗リウマチ薬について

薬品名にリウマチという言葉が使われているぐらいですからリウマチ専用の薬です。

現在関節リウマチの薬物療法を行うという場合の大半はこの薬が処方されています。

生物的製剤、免疫抑制剤、アルファ剤、SH基剤、金製剤の5種類があります。

抗リウマチ薬は関節リウマチの初期の段階で処方すると効果が出る確率が高いのですが、効果の有無は薬を3ヶ月以上飲み続けなければ判断がつきません。

そして注意しないといけない点が抗リウマチ薬は副作用が強いという事です。

個人差は大きいのですが、薬を飲んだ人のかなりの割合で発熱、肝機能障害、胃腸障害などの副作用が出ています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
Delicious にシェア