関節リウマチの診断は1回では終わらない

関節リウマチとはその発病の原因が特定出来ず、そして治療も非常に難しい病気なので診断も多角的に診断を行います。

そのため時間がかかってしまいますが、現状を把握し、そして少しでも病気の症状を改善するためには必要なのです。

関節リウマチの診断は1回では終わりません。

検査を受けて関節リウマチだと診断された後も継続的に診断する必要があるからです。

関節のどこまで発病しているのか箇所の確認や、そして炎症の程度の確認、そして関節リウマチは免疫異常で血液にもかかわってくるので貧血などの確認もします。

定期的に通院し診断を受け、その状況に応じて治療をしていく必要があります。

治療は長期間続くので、病気と長く付き合う覚悟をしなければいけません。

siteinfo6

関節リウマチの検査について

関節リウマチは診断が難しいのでいくつかの検査を行います。

X線検査では関節リウマチの診断や症状がどこまで進んでいるのかを調べる事が出来ます。

また最近はX線だけではなく、超音波検査を行う事でより正確な診断を行えるようになっています。

関節リウマチは血液異常が関係しているので血液検査は必ず行われる検査です。

血液で炎症の状態をチェックし、そして白血球と赤血球の数で薬物治療の効果を調べます。

また血清中の成分を調べる事で薬物治療の副作用がどの程度出ているのかを調べる事も可能です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
Delicious にシェア