関節リウマチの診断は難しいので多角的に行われる

関節リウマチの診断は難しいので多角的に行われます。

そして多角的に行われた検査の結果を診断基準の項目に当てはめて症状の確定をしていきます。

2009年に新しい診断基準が作られた事で、今までよりも早い段階で関節リウマチの診断が可能になり、早期治療につながりました。

関節液検査で何が分かるのか

関節リウマチは関節液の過剰分泌が原因で炎症を起こしてしまいます。

そのため関節液を検査する事は関節リウマチに非常に有効的な診断方法で、関節液の量や色、透明度、粘液の状態から炎症の度合いを診断します。

関節液の過剰がさらに悪化すると炎症から腫れ、そして骨を砕き血液に流れ、そこから全身の器官を犯される事になるので特に量に関してはステージの進行具合を確認する重要な要素の1つです。

尿検査で何が分かるのか

健康診断でも尿検査が行われますよね。

尿とは身体の老廃物を腎臓でろ過しているので腎臓の障害を調べる事が出来るのです。

関節の炎症時には関節液にタンパク質が生じるため尿のタンパク質の量によっても関節リウマチの症状の進行具合が分かるのです。
関節リウマチの薬物治療に使用する薬物はどれも副作用の強いものです。

薬物療法の副作用の状態も尿から判断出来るため、尿検査も欠かせない検査の1つなのです。